小牧市でスポーツ障害の膝、足の裏の痛みでお困りの方へ

  • HOME »
  • 小牧市でスポーツ障害の膝、足の裏の痛みでお困りの方へ

ランナー

サッカー、バスケットボールなどのスポーツでランニングやジャンプを長時間繰り返しおこなったりすると、膝、足に痛みが出てくることがあります。

ランナー膝(腸脛靭帯炎)

ランナー膝は、腸脛靭帯炎とも呼ばれています。

痛みが出る場所は、膝の外側の部分です。

痛みが出る原因は

・足のゆがみ(回内足)

・使いすぎ

などが指摘されています。

※回内足…回内足とは、足首が通常よりも内側に倒れている状態を指します。

ジャンパー膝

ジャンパー膝は、膝蓋靱帯炎または膝蓋腱炎とも呼ばれます。

痛みが出る場所は、膝のお皿の周辺です。

ジャンプ動作を繰り返すことによって、太ももの前にある大腿四頭筋という筋肉の緊張が強くなるため、膝蓋靱帯が引っ張られて炎症し痛みが出るとされています。

足底筋膜炎(足の裏の痛み )

足の裏にある足底筋膜という組織が、ランニングなどで使いすぎて小さな断裂が起きて炎症し痛みが出るとされています。

当院の考え

上記のようにスポーツでランニングやジャンプなどで使いすぎた結果、腱や靭帯に炎症が起きると一般的には言われています。

確かに、使いすぎると痛みが出ます。

しかし、使いすぎたとしても炎症が起きて痛みが出ているわけではありません。

ですから、痛みのある部分をアイシングしてもあまり意味がないのです。

膝や足の裏の痛みの背景には、内臓からの影響があります。

内臓からの影響がある場合は、骨格の矯正、筋肉の調整もさほど有効ではないため症状が改善しにくいのです。

内臓からの影響で症状が出ている場合は、経絡(気)に働きかける調整を行っていくと症状が改善しやすくなります。

ご案内

 
施術時間
9:00~12:00
14:00~21:00
施術料金
初回 4500円
2回目以降 3500円
定休日 水曜日
電話 0574-65-4279
住所 岐阜県可児市今496-7
お問い合わせ

PAGETOP
Copyright © 斉藤施療院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.