瀬戸市でスポーツ障害の膝、すねの痛みにお悩みの方へ

  • HOME »
  • 瀬戸市でスポーツ障害の膝、すねの痛みにお悩みの方へ

ランナー
スポーツ障害の膝、すねの痛みは、症状が出る場所によって鵞足炎、ランナー膝、ジャンパー膝、シンスプリントといった名前が付けられています。

鵞足炎

鵞足炎は、鵞足(がそく)と呼ばれる膝の内側の部分に痛みが出ます。

鵞足は、太ももの内側を走る半腱様筋・薄筋・縫工筋という3つの筋肉が、すねの骨にくっついている部分です。

そして、痛みが出る原因は、使いすぎによって鵞足部が炎症を起こすためとされています。

ランナー膝(腸脛靱帯炎)

痛みが出る部分:膝の外側

ランナー膝は、ランニングを繰り返すことによって、太ももの外側にある腸脛靱帯が、大腿骨の外側上顆という部分の骨(骨のでっぱり)にこすられるため、炎症が起き痛みが出るとされている。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)

痛みが出る部分:膝のお皿の下

膝蓋靭帯(しつがいじんたい)が炎症を起こして痛みが出ます。

膝蓋靭帯は、ふとももの前にある大腿四頭筋という筋肉とつながっています。

膝蓋靭帯炎の場合も、使いすぎによって発症するとしています。

シンスプリント(すねの痛み)

痛みが出る部分:すねの内側

シンスプリントは、使いすぎによって筋肉が、脛骨(すねの骨)の表面にある骨膜をひっぱり、その結果骨膜が損傷して炎症を起こして痛みが出ているとされています。

当院の考え方

スポーツ障害による膝、すねの痛みの原因は、使いすぎによるとされています。

しかし、当院では、内臓の機能低下が関係していると考えます。

そして、内臓の機能低下は、“気”という体を流れるエネルギーの滞りにあります。

ですから、当院では内臓の機能を高めるため、“気”の調整を行ってスポーツ障害による膝、すねの痛みに対応しています。

ご案内

 
施術時間
9:00~12:00
14:00~21:00
施術料金
初回 4500円
2回目以降 3500円
定休日 水曜日
電話 0574-65-4279
住所 岐阜県可児市今496-7
お問い合わせ

PAGETOP
Copyright © 斉藤施療院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.