関市でスポーツ障害の膝の痛みがなかなか良くならない方へ

  • HOME »
  • 関市でスポーツ障害の膝の痛みがなかなか良くならない方へ

サッカー練習

スポーツ障害の膝の痛み

スポーツ障害の膝の痛みには、痛みの出る場所によって名称が違っています。

オスグッド(成長時痛)

オスグッドの特徴として、脛骨結節(お皿の下の骨)の部分が徐々に突出してきます。

また、10才~15才位の成長期に痛みが出るため成長時痛とも言われています。

走るとつらい、正座がしにくい、階段を上るのきついといった動作をする時に、膝の症状が出ます。

鵞足炎

膝の内側の部分(鵞足部)に痛みが出ます。

鵞足炎(がそくえん)は、ランニング、ジャンプなどの繰り返し動作によって、筋肉を使いすぎるため炎症が起き痛みが出るとされています。

痛みは、足を動かし始めたときや運動をした後、よく歩いた時に出やすいです。

ランナー膝(腸脛靱帯炎)

ランナー膝は、別名腸脛靱帯炎と呼ばれていて、膝の外側の部分に痛みが出ます。

ランナー膝は、陸上、サッカーなど走ることが多い競技に起きやすいです。

腸脛靱帯(ちょうけいじんたい)は、太ももの外側にある大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)という筋肉とつながっています。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)

ジャンパー膝は、別名膝蓋靭帯炎(しつがいじんたいえん)と呼ばれていて、膝のお皿の下の部分に痛みが出ます。

バレーボールやバスケットボールなどでジャンプ、着地動作を繰り返すスポーツに起きやすいです。

ジャンプ、着地動作を繰り返すことによって、太ももの前にある大腿四頭筋(だいたいしとうきん)が、膝蓋靭帯を引っ張るため炎症が起き、その結果痛みが出ると考えられています。

スポーツ障害の膝の痛みに対する当院の考え

スポーツ障害の膝の痛みは、一般的に使いすぎにより炎症が起きて痛みが出るとしています。

しかし、当院では、別の原因で痛みが出ると考えています。

それは、内臓の影響によるものです。

内臓と筋肉は、関連があるため、内臓の機能が低下すると筋肉に影響が出て痛みが出るわけです。

そして、内臓の機能の低下は、東洋医学で言われる“気”という体を流れるエネルギーの滞りが影響しています。

ですから、当院では、他の整体院などのように筋肉の調整、アイシング、テーピングなどの施術ではなく、“気”の調整を行ってスポーツ障害の膝の痛みに対応しています。

ご案内

 
施術時間
9:00~12:00
14:00~21:00
施術料金
初回 4500円
2回目以降 3500円
定休日 水曜日
電話 0574-65-4279
住所 岐阜県可児市今496-7
お問い合わせ

PAGETOP
Copyright © 斉藤施療院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.