江南市でスポーツ障害の膝、すねの痛みの施術をご希望の方へ

  • HOME »
  • 江南市でスポーツ障害の膝、すねの痛みの施術をご希望の方へ

サッカー練習

スポーツ障害の膝、すねの痛み

スポーツ障害の膝、すねの痛みは

・鵞足炎

・ランナー膝

・ジャンパー膝

・シンスプリント

などに分類されています。

鵞足炎

痛みが出る場所:膝の内側

膝の内側を走る3つの筋肉(半腱様筋・薄筋・縫工筋)の腱がくっつく骨の部分を鵞足と言います。

鵞足(がそく)は、がちょうの足に似ていることからこの名前が付きました。

この鵞足と言われている部分が、ランニングや急激なストップ動作を繰り返すことで引っ張られて、3つの筋肉の緊張が強くなり、炎症が起きて痛みが出ます。

つまり、筋肉の使いすぎによって痛みが出るとするものです。

症状としては

・膝が痛くて歩くのもツラい

・階段の上り下りで痛む

・正座ができない

・トイレでしゃがめない

・落ちたものを拾うのも苦労する

・あぐらをかくのもツラい

といったことがあります。

ランナー膝(腸脛靭帯炎)

痛みが出る場所:膝の外側の部分

ランナー膝は、大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)につながっている腸脛靭帯に痛みが出るため、腸脛靭帯炎と呼ばれています。

名前の通り、走る動作を繰り返す競技をする人に多い症状です。

ランナー膝の症状が出る原因としては

・走りすぎ

・走る地面が凸凹している

・靴が悪い

・足の歪み

などが言われています。

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)

痛みが出る場所:膝のお皿の下の部分

ジャンパー膝は、大腿四頭筋とつながっている膝蓋靭帯(しつがいじんたい)が、ジャンプを繰り返すことによって炎症し痛みが出るため、膝蓋靭帯炎とも呼ばれます。

バレーボール、バスケットボール、走り幅跳びや走り高跳びなどの陸上競技、野球、サッカーなどのスポーツが多い。

シンスプリント(すねの痛み)

痛みが出る場所:すねの内側

陸上、サッカーなど走ることが多いスポーツをしている人に発症しやすい。

シンスプリントは、過労性脛部痛とも呼ばれている。

原因は、使いすぎにより筋肉の緊張が強くなり、骨の膜を引っ張るため炎症を起こし痛みが出るとされている。

スポーツ障害の膝、すねの痛みの対処

スポーツ障害の膝、すねの痛みの対処は

・アイシング

・ストレッチ

・湿布、痛み止め薬

・電気、温熱治療

・テーピング、サポーター、インソール

などの方法で行われることが多いです。

以上が、鵞足炎、ランナー膝、ジャンパー膝、シンスプリントの一般的に言われている内容です。

当院の考えと対処

スポーツ障害による膝や“すね”の痛みは、使いすぎによって炎症が起きて痛みが出るとされています。

しかし、筋肉などの組織の損傷を除いて、当院では別の原因で痛みが出ると考えています。

それは、腸や膀胱などの内臓の機能の低下による影響です。

内臓が関係するのは、筋肉と内臓が関連があるからです。

ですから、当院では、他の整体院でされているような方法ではなく、内蔵の機能が高まっていくように調整を行っております。

ご案内

 
施術時間
9:00~12:00
14:00~21:00
施術料金
初回 4500円
2回目以降 3500円
定休日 水曜日
電話 0574-65-4279
住所 岐阜県可児市今496-7
お問い合わせ

PAGETOP
Copyright © 斉藤施療院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.