小牧市で強迫性障害を早く良くしたい方へ

  • HOME »
  • 小牧市で強迫性障害を早く良くしたい方へ

手を洗う人

強迫性障害

強迫性障害は、無意味と思われるような行動がやめられない状態をさします。

しかも、その行動をすることについて無意味だと自覚していることが多いです。

例えば、手を何度も洗わないと気がすまないといったようなことです。

その他、戸締り、火の元の確認を何度もするといったこともあります。

原因

強迫性障害の原因は、はっきりしたことは分かっていないようですが、以下のようなことが言われています。

・性格(几帳面、真面目)

・精神的ストレス(人間関係、仕事上など)

・脳内の神経伝達物質(セロトニン、ドーパミンなど)の分泌異常

当院の考え方

上にあげたようなことは、まったく関係がないとは言えません。

しかし、直接的な原因ではなく間接的な要因です。

直接的な原因は、“気”という体を流れるエネルギーの滞りにあります。

“気”の滞りが、セロトニンなどの神経伝達物質、性格などに影響を与えて強迫性障害と言われる症状が出ています。

強迫性障害の対処

病院での対処

・抗うつ剤などを使った薬物療法

・認知行動療法などの精神療法

・カウンセリング

などの方法で処置が行われています。

当院での対処

上記したように、当院では強迫性障害の原因は、“気”の滞りにあるととらえています。

そのため、“気”の滞りを整える調整を主に行っております。

強迫性障害Q&A

.施術はどのようなことをしますか?

.“気”の滞りを整える調整は、鍼をしたり灸をしたり、気功することが一般的に行われている方法です。

しかし、当院では別の方法で行います。

方法としては、2種類あります。

一つ目は、言葉を使った方法です。

体にある調整点に対して、ある言葉を言います。

そうすると、その調整点が反応し、“気”の滞りが整えられて、心身にも変化が表れます。

その結果、脳の働きも活性化します。

私は、言葉を使った方法で調整しますが、調整点は、言葉以外のいろいろ刺激に反応します。

色、物理刺激、音、熱などなど。

色で調整する場合は、色紙や色のついた布を調整点に貼り付けます。

また、物理刺激だと、鍼。熱だと灸などがあります。

このような刺激を加えて調整して、変化が出るのは、調整点の波長と加える刺激の波長が共鳴するからだと考えられます。

次に2つ目の方法です。

それは、腕や脚を操作する方法です。

操作すると言っても、ちょっと特殊な方法ですが。

特殊ですが、すごくシンプルな方法です。

簡単すぎますので、ここでは内容を書くことが出来ません。

それはともかく、これらの2つの方法は、当院独自のもので他ではやっていません。

そして、2つの方法は、やり方は違いますが、施術結果はまったく同じです。

最初は、2つ目の方法をやっていましたが、最近はもっぱら言葉を使った方法で施術しています。

ご案内

 
施術時間
9:00~12:00
14:00~21:00
施術料金
初回 4500円
2回目以降 3500円
定休日 水曜日
電話 0574-65-4279
住所 岐阜県可児市今496-7
お問い合わせ

PAGETOP
Copyright © 斉藤施療院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.