江南市、犬山市で肩の痛みでお悩みの方へ

  • HOME »
  • 江南市、犬山市で肩の痛みでお悩みの方へ

野球の投球

腱板損傷と肩の痛み

腱板とは、肩関節にくっついている棘上筋・棘下筋・小円筋・肩甲下筋という4つの筋肉のことです。

現在は、50歳以上の4人に1人の割合で、肩の腱板が損傷していると言われています。

また、若い人でも野球などの投球動作を繰り返す人も腱板を損傷することが多いです。

そして、腱板を損傷した場合、肩を動かす時に痛みが出たり、夜間痛が出るとされています。

肩の痛みと腱板の損傷は関連がありません

しかし、腱板が損傷していても、必ずしも肩の痛みが出るわけではありません。

肩にはなんの症状がない人も少なくないのです。

ですから、腱板の損傷と症状とは関連性がないと言ってもいいでしょう。

では、肩の痛みと腱板損傷は関連がないとしたら、なにが原因で肩の痛みが出ているのでしょうか?

内臓が関係しています。

内臓が肩の痛みと関係があると言っても、ばくぜんとしていて分かりにくいですね。

全身にある筋肉は、一つ一つ特定の内臓と関連しています。

そして、内臓の機能が低下すると、肩の筋肉に影響が出て痛みとなっています。

さらに、内臓の機能の低下は、“気”という体を流れるエネルギーの滞りが関係しています。

 

肩の痛みが起きるしくみ

“気”の滞り

内臓の機能低下

肩の筋肉が影響を受ける

肩の痛み

 

上のように、肩の痛みの大元の原因は、“気”の滞りにあります。

ですから、当院では“気”の滞りを整える調整を主に行って肩の痛みに対応しています。

ご案内

 
施術時間
9:00~12:00
14:00~21:00
施術料金
初回 4500円
2回目以降 3500円
定休日 水曜日
電話 0574-65-4279
住所 岐阜県可児市今496-7
お問い合わせ

PAGETOP
Copyright © 斉藤施療院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.