扶桑町・瑞穂市で腱鞘炎、摂食障害、強迫性障害が良くならなくてお困りの方へ

  • HOME »
  • 扶桑町・瑞穂市で腱鞘炎、摂食障害、強迫性障害が良くならなくてお困りの方へ

手

腱鞘炎(手首の痛み・ばね指)は症状のある部分には原因はありません

ネット上には、手首の痛み・ばね指(腱鞘炎)の症状に対処する方法がいろいろと紹介されているサイトがあります。

その方法は、症状がある手首、指に対して、テーピングを貼ったり、手首、指にあるツボを押したりするものです。

しかし、症状のある手首や指には痛みの原因はありませんので、いろいろな方法で対処をしてもほとんど意味はありません。

一時的に症状が軽くなることがあるだけです。

腱鞘炎は、腱と腱鞘がこすれて炎症が起き、その結果痛みが出るということになっています。

でも、実際は痛み、しびれ、感覚異常などの症状は、内臓が関係して起きていることが多いのです。

手首や指にある筋肉は内臓と関連があり、内臓の機能が低下すると、その影響で手首、指の筋肉に反射が起きて症状が出ます。

この反射は、内臓筋肉反射と言います。

そして、内臓の機能低下は、東洋医学で言われる“気”という体を流れるエネルギーの滞りが関係しています。

ですから、施術は、手首や指にテーピングを貼ったり、ツボを押すのではなく、“気”のエネルギーの流れの滞りを整えていくと、腱鞘炎の症状も改善しやすくなります。

摂食障害・強迫性障害はストレスが関係している?

摂食障害や強迫性障害は、人間関係などの精神的ストレスが関係しているとされています。

確かに、ストレスはまったく関係ないとは言えないです。

しかし、症状を発することに直接関係があるわけではありません。

間接的に関係しているだけです。

極論を言えば、ストレスがたまっていなくても、摂食障害や強迫性障害の症状が出るわけです。

 

摂食障害・強迫性障害の症状が出るしくみ

“気”の滞り

脳内神経伝達物質(セロトニン)の分泌異常

摂食障害・強迫性障害

 

上のように、摂食障害・強迫性障害は、“気”の滞りが大元の原因になります。

ですから、ストレス発散のためにいろいろなことをやってみてもあまり意味がないのです。

ご案内

 
施術時間
9:00~12:00
14:00~21:00
施術料金
初回 4500円
2回目以降 3500円
定休日 水曜日
電話 0574-65-4279
住所 岐阜県可児市今496-7
お問い合わせ

PAGETOP
Copyright © 斉藤施療院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.