扶桑町でヘルニア、分離症、すべり症、脊柱管狭窄症でお悩みの方へ

  • HOME »
  • 扶桑町でヘルニア、分離症、すべり症、脊柱管狭窄症でお悩みの方へ

腰痛の男性

椎間板ヘルニア、腰椎分離症、すべり症、脊柱管狭窄症

腰痛、足の痛み、しびれなどの症状で整形外科を受診して、MRI検査の結果、ヘルニア、分離症、すべり症、脊柱管狭窄症と診断されることがあります。

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアという言葉を聞かれた方もいるかもしれません。

ヘルニアという言葉を聞くとなんだか痛そうで、ひどい症状が出ると思っている人も少なくないかもしれません。

ヘルニアとは、飛び出すという意味があります。

ヘルニアには、いろいろ種類がありますが、椎間板ヘルニアの場合は、背骨の椎間板が飛び出して神経を圧迫するため腰痛などの症状を発症すると言われています。

腰椎分離、すべり症

腰椎分離、すべり症は、椎間板ヘルニアほど名前は知られていません。

腰椎分離症は、椎骨(背骨の一つひとつの骨)の椎弓という部分が骨折して離れてしまっている状態をさします。

骨折といっても疲労骨折です。

すべり症は、椎弓の部分が疲労骨折によって分離するため、椎体(背骨の部分)が前方にすべってしまった状態をさします。

ただ、分離症を伴わないすべり症もあります。

その場合は、偽性すべり症と呼びます。

分離症、すべり症の場合も、神経の圧迫によって症状を発症するとされます。

脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)

脊柱管とは、脊髄神経が通る孔(あな)のことです。

そして、脊柱管狭窄症は、脊柱管の径が狭くなり神経を圧迫するため痛みやしびれなどを発症するとされます。

脊柱管の径が狭くなる原因は、椎間板の膨隆、変性、椎体の変性(とげができる)、靭帯の肥厚などです。

当院の考え

上記したように、椎間板ヘルニア、腰椎分離症、すべり症、脊柱管狭窄症といった背骨の異常によって神経を圧迫するため腰痛、足の痛み、しびれなどの症状を発症するとされています。

しかし、神経が圧迫されていても、腰痛などの症状とは関連がありません。

背骨の異常があっても何の症状もない人がいます。

また、逆に背骨の異常がなくてもひどい症状の人がいます。

このような事実がありますから、背骨の異常を手術によって処置をしても、症状が改善されるかどうかは分からないわけです。

当院では、背骨の異常によって神経が圧迫されて症状が出るのではなく、別の原因があるとみています。

その原因とは、内臓の機能低下による影響です。

腰や足の筋肉は、一つひとつ特定の内臓器官と関連があります。

そして、腰や足の筋肉と関連のある内臓器官の機能が低下すると、腰や足の筋肉が影響を受けて緊張が強くなり腰痛や足の症状が出るわけです。

ですから、施術は内臓の機能を高めていく必要があります。

ただ、マッサージなどの筋肉の調整、背骨などの骨格の矯正では、内臓の機能を高めていくことは難しいのです。

当院では、東洋医学で言われる、“気”という体を流れるエネルギーの調整をおこなって腰痛、足の痛み、しびれなどの症状に対応しています。

ご案内

 
施術時間
9:00~12:00
14:00~21:00
施術料金
初回 4500円
2回目以降 3500円
定休日 水曜日
電話 0574-65-4279
住所 岐阜県可児市今496-7
お問い合わせ

PAGETOP
Copyright © 斉藤施療院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.