恵那市でスポーツ障害の膝の痛み、すねの痛みを良くしたい方へ

  • HOME »
  • 恵那市でスポーツ障害の膝の痛み、すねの痛みを良くしたい方へ

サッカー

スポーツ障害の膝の痛み、すねの痛み

スポーツ障害の膝の痛み、すねの痛みは、症状の起きている部位によってそれぞれ名前が違っています。

オスグッド

オスグッドは、成長時痛とも言われる膝の痛みで、膝のお皿の下にある骨のでっぱり(脛骨粗面)の周辺に症状が出ます。

成長時痛ということで成長期の子供に多い症状ですが、大人にも同じ症状が出ますから、成長時痛というのはあたらないと思います。

痛みの原因は、使いすぎによって太ももの前にある大腿四頭筋が脛骨粗面を引っ張るためだと考えられています。

鵞足炎

鵞足(がそく)は、膝の内側を走る3つ筋肉(縫工筋、薄筋、半腱様筋)が、すねの骨に付着する部分をさします。

痛みの原因は、スポーツなどで使いすぎることによって、3つの筋肉がすねの骨とこすれるため炎症が起きて痛みを発症するという説があります。

また、横座りやアヒル座りなどの姿勢を続けることによって、3つの筋肉に負担がかかるためだとする説もあります。

ランナー膝

ランナー膝は、腸脛靱帯炎(ちょうけいじんたいえん)とも言われています。

膝の外側に痛みが出ます。

痛みの原因は、走る動作の繰り返しによって、腸脛靱帯と膝の骨がこすれて摩擦するため炎症が起きるためと考えられています。

その他には、足首のゆがみ(回内)という構造的な問題も指摘されています。

足首のゆがみがあると、膝にも負担がかかり使いすぎよって痛みが出るというわけです。

ジャンパー膝

ジャンパー膝は、膝蓋靭帯炎とも言われます。

膝のお皿の下の部分に痛みが出ます。

痛みの原因は、ジャンプや着地動作を繰り返すことによって、太ももの前にある大腿四頭筋が引っ張られて炎症が起きて発症すると考えられています。

シンスプリント(すねの痛み)

シンスプリントは、脛骨過労性骨膜炎(けいこつかろうせい)とも言います。

痛みが出るのは、すねの内側や外側です。

痛みが出る原因は、すねにある筋肉がすねの骨の骨膜を引っ張り炎症を起こすためだと考えられています。

当院の考え

上記のようにスポーツによる膝、すねの痛みは、症状が出る部位によって診断名が違い、原因は使いすぎによるものだとされています。

しかし、使いすぎは痛みを発症するきっかけであって痛みの原因ではありません。

原因は、内臓からの影響です。

足の筋肉を含め全身にある筋肉は、特定の内臓と関連があります。

内臓の機能が低下すると、関連する筋肉が影響を受けて痛みが出ます。

そして、内蔵機能の低下は、東洋医学で言われる”気”という体を流れるエネルギーの滞りが原因しています。

スポーツ障害の膝の痛み、すねの痛みの対処

スポーツ障害の膝の痛み、すねの痛みの対処は、一般的には背骨などの骨格の矯正、筋肉の調整、テーピング、アイシングなどの対処ををする施術所が多いです。

こういった対処法は、いわゆる神経を刺激して症状を改善させようとする方法です。

神経を刺激した場合、症状のある部分の筋肉の緊張が緩みますから楽になりますが、持続性に乏しいためどうしても症状が戻りやすくなります。

当院では、症状を戻りにくくするため、神経を刺激する方法ではなく”気”の流れの滞りを整える調整を行ってスポーツ障害の膝の痛み、すねの痛みに対応しています。

ご案内

 
施術時間
9:00~12:00
14:00~21:00
施術料金
初回 4500円
2回目以降 3500円
定休日 水曜日
電話 0574-65-4279
住所 岐阜県可児市今496-7
お問い合わせ

PAGETOP
Copyright © 斉藤施療院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.