腰椎分離症の人がやってはいけないことが2つあるそうです。

その2つとは

・症状のある部分にマッサージ、指圧をすること

・症状があるのに無理して運動を続けること

だそうです。

これらの2つのことをすると、症状が悪化してしまうということです。

当整体院の考え方

実は、私も以前はこれらのことをした場合、症状が悪化してしまうと考えていました。

しかし、今はこれらのことをしても症状が悪化することはないと考えています。

と言うのは、腰痛分離症は、腰痛、足の痛み・しびれなどの原因ではないからです。

西洋医学では、分離症など骨の異常があると、脊髄神経が圧迫され、その結果腰痛、足の痛み、しびれ、感覚異常などの症状を発症するとされています。

でも、分離症があっても症状が出ない人がいたり、逆に分離症がなくてもひどい症状が出る人がいます。

ですから、西洋医学で言っていることは正しくないのです。

※分離症は、背骨の後ろにある椎体という部分が疲労骨折した状態をさします。

腰痛などの症状は、分離症ではなく内臓が関連しています。

内臓の機能が低下し、腰や足の筋肉に影響して硬くなり、痛み、しびれなどが起きています。

そのようなわけですから、マッサージ、指圧、運動をしても症状が悪化することはありません。

ただし、マッサージ、指圧はやり方が良くないと、悪化する場合がありますので施術者を選ぶ必要があります。