腰痛は、立ち方座り方を矯正すれば良くなると言っている人がいます。

知らない人から見れば、一見正しいことを言っているようにみえます。

しかし、そのように主張している人の言っていることは、根本的に正しくないです。

立ち方座り方を良くしても腰痛は改善しない

と言うのは、立ち方、座り方の良し悪しは腰痛の原因とは関連性がないからです。

体のどこかで筋肉が凝り固まっているため、バランスがくずれて良くない立ち方、座り方になり、腰痛などの症状につながると考えているのでしょう。

ですから、それを矯正するための講座などがありますが、そのような指導を受けても腰痛は改善されません。

筋肉は、内臓の機能に左右されています。

内臓の機能が低下すると、筋肉が影響を受けて緊張が高まり、硬くなって腰の痛みにつながります。

そして、内臓の機能の低下は、体を流れるエネルギーの滞りの影響によるものです。

体を流れるエネルギーは、東洋医学で言われる“気”のことです。

ですから、腰痛を改善していくには、エネルギーの滞りを整える調整をしていくことが重要なのです。

尚、立ち方、座り方を矯正しても、エネルギーの滞りは変化しにくいので、腰痛の症状も改善しにくくなります。