腰や足の痛み、しびれがあるということで、整形外科にかかって検査をしてもらうと、背骨に異常がみられ、骨の異常によって神経を圧迫しているため症状が出ていますねと説明されます。

しかし、診断名は病院によって違います。

ある病院では椎間板ヘルニアと診断され、そしてまた違う病院へ行くと脊柱管狭窄症だと診断されます。

こういったことは別に珍しくはないようです。

一応、椎間板ヘルニア、分離症・すべり症、脊柱管狭窄症は、それぞれ背骨の状態は違っています。

病院によって診断が違うのは、レントゲンやMRI画像を見ても判別がつきにくいところがあるからだと考えています。

背骨の異常と痛み、しびれは、関連性はありません。

それはともかく、西洋医学では背骨の異常によって神経が圧迫されるため症状が出るという理論の基で治療を行います。

背骨の異常がみられなければ、注射をしたり痛み止めの薬をもらって終わりです。

背骨の異常がみられて症状がひどい場合は、手術を勧められることも少なくありません。

でも、手術をしても症状が改善されるとは限りません。

と言うのは、背骨の異常があってもなんの症状がない人が少なくないからです。

逆に、背骨の異常がなくても症状がひどい人がいます。

ですから、背骨の異常を基に処置をしても意味がないのです。