ネットで腰痛 姿勢で検索するとたくさんのサイトがヒットします。

どのサイトをみても、正しい姿勢をしていると腰痛になりにくいとか、悪い姿勢(猫背など)をしていると腰痛になりやすいとかいてあります。

また、整体施術を受けに来られた方も、「姿勢に気をつけたほうがいいですか?」と質問されます。

姿勢と腰痛は関係ありません

はっきり言えば、正しい姿勢をしていても、悪い姿勢をしていても、腰痛とはなんの関係もありません。

どんな姿勢をしていても、腰が痛くなる時はなります。

姿勢講座とかがありますが、主催者の人には申し訳ないですけど、正しい姿勢を身につけたとしてもなんの意味もありません。

姿勢は結果であって、腰痛の原因ではありません。

腰痛の原因は、体を流れているエネルギーの滞りが関係しています。

体を流れているエネルギーとは、東洋医学の概念ですが、“気”と呼ばれています。

エネルギーの滞りがあると、内臓の機能が低下し、その影響で腰の筋肉の緊張が高まります。

その結果、腰の痛みが出てきます。

ですから、姿勢の矯正をするのではなく、エネルギーの滞りを整えて、内臓の機能を高めていかないと、腰痛はなかなか改善していきません。