私が整体を始めた頃は、骨のズレを直接力をかけて調整していました。

しかし、骨のズレというのは力で動かそうと思っても、そう簡単に動くものではありません。

無理をして、大きな力を加えれば、施術事故が起きて危険です。

何とか骨のズレを力を用いずに調整する方法を教えてもらえる所はないかと思って探しました。

そこで出会ったのが、以前私が通っていた筋肉を調整して体の歪みを治すという研修会です。

そこの会で習った施術方法を使って施術すると、力を使って直接骨を矯正しなくても簡単に骨のズレを調整できました。

骨がズレるのは、骨を支えている筋肉のバランスのくずれから起きます。

ですから、骨を支えている筋肉のバランスを調整すれば、力を用いなくても骨のズレはもどります。

ただ、ズレてから年月が経って骨の周りの組織がカチカチになっている場合は、筋肉のバランスを調整してもすぐには骨のズレを戻すことができない時もありますので、少し日数がかかることもあります。

骨の周りの組織がカチカチになるのは、内臓の機能の低下が影響しています。

そして、内臓の機能低下は、体を流れるエネルギー(気)の滞りが関係してますので、“気”の滞りの調整を行っていくと、筋肉を調整するだけの場合よりも早く骨のズレも戻りやすくなります。