整体院・カイロプラクティック院へ行くと、骨盤の矯正・筋肉の調整をします。

しかし、骨盤の矯正・筋肉の調整では、腰痛は改善されにくいです。

なぜなら、腰痛のほとんどは内臓が関連しているからです。

そして、骨盤の矯正・筋肉の調整では内臓の働きを整えることが難しいのです。

内臓の働きが落ちた場合、それを整えるには骨盤の矯正・筋肉の調整ではなく、他の方法で調整する必要があります。

東洋医学で言われる“気”の滞りを整える方法(“気”の調整)が、その調整法です。

“気”の調整を行うと内臓の働きが落ちているのが活性化され、内臓の影響で出ている腰痛も改善しやすくなります。

“気”の調整と言うと、気功を想像されると思います。

でも、当整体院で行っている“気”の調整は、一般的に認識されている気功とはまるで違います。

一般的に認識されている気功の場合は、手かざしをして“気”の滞りを解消します。

一方、当整体院の“気”の調整の場合は、手かざしはせず、整体的な施術で“気”の滞りを整えます。

そして、私が行っている“気”の調整法は、人に習ったものではなく、自分で考案したものです。

このように内臓が関連した腰痛は、“気”の調整をしないと改善しにくいのですが、筋肉を傷めて(筋繊維の損傷)腰痛が出ている場合は、“気”の調整法よりも筋肉の調整をしたほうが有効です。

ただ、筋肉自体を傷めて腰痛になる人は少ないです。

上でも書きましたが、腰痛のほとんどが内臓の影響で起きています。

ですから、腰痛に対応するには、“気”の調整と筋肉の調整の両方が必要なのです。