骨盤は、腰の部分にありますから、歪みがあると筋肉のバランスがくずれるため腰痛の原因なると考えている人が多いでしょう。

そのため、ストレッチや各種のエクササイズをして骨盤の周りの筋肉をほぐし歪みを整えて、腰痛の予防をしている人が少なくないようです。

でも、骨盤の歪みは結果であって、腰痛の原因にはならないのです。

腰の打撲や筋肉の損傷などの外傷を除いて、ほとんどは腰痛は内臓からの影響によるものです。

内臓と筋肉は関連性があって、内臓の機能が低下の影響を受けて、筋肉の緊張が高まり、腰の痛みにつながりやすくなります。

そして、内臓の機能の低下は、体を流れるエネルギー(気)の滞りが関係しています。

これは、東洋医学の考え方です。

そのようなわけですから、単にストレッチなどをして骨盤の歪みを矯正するだけでは、“気”の滞りを整えて内臓の機能を高めることが難しいため腰痛は改善しにくいのです。

確かに骨盤のゆがみを整えると、骨盤周りの筋肉の緊張が緩みますので、腰の痛みが変化することもあります。

しかし、それも一時的なことです。

特に腰痛が慢性化している場合は、戻りが早いです。

ですから、腰の痛みは骨盤の歪みを整えるのではなく、“気”の滞りを整えていくことが大切なのです。