腰痛がある時、整体・マッサージの施術を受けると、たいがいは腰周りの筋肉や骨盤・腰椎を調整します。

もちろん、そのような施術でも腰痛は改善することもあります。

しかし、腰が痛いからといって腰周りに原因があるとは限りません。

腰が痛い時は、たいがい特定の動作をした時です。

・体を前に倒した時

・後ろへ反らした時

・体を横へ倒した時

・体を右または左に回した時

上記の動作をした時に原因しているのは、腰周りにある筋肉ではなく、腕、足にある筋肉が関係しています。

筋肉名は書きませんが以下のとおりです。

・体を前に倒した時(前屈をした時)に痛くなる場合に関係している筋肉

ふくらはぎにある筋肉

・後屈(後ろへ反らした時)で痛みが出る場合に関係する筋肉

下腿の前面にある筋肉

・体を横に倒した時に腰痛が出る場合に関係する筋肉

前腕の後面にある筋肉

・体を右か左に回した時に腰痛が出る場合に関係する筋肉

下腿後面にある筋肉

これらの筋肉をマッサージ、ストレッチなどで調整しても、持続性がないので一時的に楽になるだけです。

持続性のある施術をするには、これらの筋肉に関連する内臓を調整する必要があります。

当整体院では、東洋医学でよく言われている“気”の滞りを整える施術を行うことによって、内臓を調整して腰痛に対応しております。