整体・カイロプラクティックの施術を受けても、腰痛が改善しなかったという経験をされたことがあると思います。

なぜ腰痛が緩和しなかったのでしょうか?

それは、腰痛の原因となるものに対応せずに施術をしたからでしょう。

整体・カイロプラクティックでは、腰痛の施術は、骨盤・背骨の矯正や筋肉を調整することが中心となっていることが多いです。

このような調整法は、筋肉の筋繊維の損傷による腰痛(筋・筋膜性腰痛)には有効です。

筋肉の筋繊維の損傷による腰痛は、例えばスポーツなどで腰を捻って痛くなるという場合です。

でも筋・筋膜性腰痛は、数が少ないのです。

腰痛のほとんどは、内臓が関連しているのです。

内臓が関連している腰痛は、骨盤・背骨の矯正や筋肉の調整では緩和しにくいのです。

ですから、内臓が関連する腰痛に対しては、他の調整をする必要があります。

内臓の働きは、東洋医学で言われている“気”が関係しています。

“気”は、体の内外を流れるエネルギーのことです。

そして、“気”の流れが滞ると内臓の働きが落ちます。

内臓の働きが落ちた場合、“気”の流れを整える調整を行うと、内臓も活性化され腰痛も緩和されやすくなっていきます。

ただし、腰痛が慢性化している場合は、内臓の状態が変わるまで多少の期間が必要となることも少なくありません。