慢性の腰痛やぎっくり腰の時は、お腹にある筋肉の緊張を緩めると改善しやすいとされています。

特にお腹の奥にある大腰筋などのいわゆるインナーマッスルをストレッチなどを行って緩めていくと、効果が期待できると言われます。

しかし、私はこのような方法には疑問を持っています。

大腰筋などのインナーマッスルを緩めても、一時的に腰痛の症状が楽になるだけで、しばらくすれば戻ってしまいます。

と言うのは、お腹の筋肉の緊張が強くなるのは、筋肉と関連のある内臓器官の機能低下の影響を受けているからです。

ですから、内臓の機能を高めていかないと、いくらお腹の筋肉を緩めたとしても、意味のない施術なわけです。

内臓機能を高める方法としては、“気”という体を流れるエネルギーの滞りを整えてというものがあります。

具体的には、鍼やお灸、太極拳、ヨガなどの方法があります。

ただ、鍼、灸、太極拳、ヨガは本来とは違う目的でやられていることが多いので、しっかりと“気”の調整を行う施術者を選んでいく必要があります。

当整体院は、整体謳って施術をしていますが、他の整体院などで行われている一般的な骨の矯正、筋肉の調整ではなく、“気”の調整を中心としております。