カイロプラクティック、整体関係の人は、腰椎のズレがあると、腰痛の原因になるとホームページやブログなどで謳っています。

※腰椎は、背骨の腰の部分の骨で5つあります。

確かに、腰椎の部分を調整してズレを矯正すると、腰の痛みは楽になります。

腰椎を調整すると、腰痛が楽になるのは腰の周りの筋肉などの軟部組織が一時的に緊張が緩和するためです。

しかし、時間が経てば、また筋肉の緊張が強くなって症状がぶり返してしまいます。

なぜそうなるのか?

それは、神経に刺激を加えて調整をする方法だからです。

そして、腰痛は神経の伝達機能の異常によるものではないですから、神経に刺激を加える調整では改善しにくいのです。

それは、腰椎の調整だけではありません。

マッサージや鍼、お灸で調整した場合でも同じことです。

腰痛が起きるのは、体を流れるエネルギー(気)の影響で内臓の機能が低下し、その結果腰の筋肉の緊張が強くなるからです。

ですから、“気”のが滞りが整うような調整をしていくことが必要なのです。

“気”の滞りが整うような調整を行うと、内臓の機能低下も是正され、腰の筋肉の緊張が和らぎ、腰の痛みも改善の方向に向かいます。