ハムストリングスは、大腿二頭筋・半腱様筋・半膜様筋の総称で太ももの裏側にあります。

主に膝を曲げる働きがある筋肉です。

このハムストリングスが硬くなると、腰痛の症状が出やすくなるとされています。

腰痛が出やすくなるのは、ハムストリングスが硬くなることによって、前かがみの動作がしにくくなり、背骨に大きな負担がかかるためだとしています。

当整体院の考え

確かに、ハムストリングスが硬くなると、前かがみの動作はしにくくなります。

そして、背骨に負担がかかります。

しかし、そのことと腰の痛みの関連はありません。

打撲などの外傷を除いて、腰の痛みのほとんどは内臓が関連して発症しています。

ハムストリングスなどの筋肉は、内臓と関連がありますが、内臓の機能が低下すると、筋肉が影響を受けて、緊張が増し痛みにつながりやすくなります。

ですから、ハムストリングスをストレッチなどで緊張を緩和しても、一時的には楽になりますが、腰の痛みは改善しにくいのです。

腰痛の対処

上記のように、内臓の機能が低下すると、筋肉が影響を受けて腰の痛みが出やすくなります。

そして、内臓の機能低下は、体を流れるエネルギーの滞りが関係しています。

体を流れるエネルギーとは、いわゆる“気”と呼ばれるものです。

“気”は、東洋医学の概念で、現代西洋医学にはないものです。

それはともかく、当整体院では、腰痛の大元の原因は“気”の滞りにあると理解していますので、“気”の調整を行っていきます。