中学生、高校生など、10代で腰の痛みで悩んでいる子どもたちが多いです。

昔は、腰痛というと年配者がなるもとだと言われることもありました。

しかし、腰の痛みと年齢は関係ありません。

原因

子供の腰痛の原因として

・スポーツでの使い過ぎ

・姿勢が悪い

・背骨の異常(椎間板ヘルニア、分離症、すべり症など)

などが指摘されています。

当整体院の考え

しかし、腰痛とスポーツでの使い過ぎ、姿勢、背骨の異常は関係ありません。

内臓の問題で腰の痛みが出ています。

内臓の機能が低下し、その影響で筋肉の緊張が強くなり痛みが起きているのです。

腰痛の対処

腰の痛みが出ても、しっかりした骨格の矯正、筋肉の調整を行っていけば、早ければ1か月程度で回復していくとしています。

でも、骨格の矯正、筋肉の調整では腰痛の改善はしにくいのです。

と言うのは、骨格の矯正、筋肉の調整は神経に刺激を加える方法だからです。

内臓の機能が低下は、体を流れるエネルギー(気)の滞りの影響で起きていますから、神経に刺激を加える方法では、改善されにくいのです。

仮に、1か月程度で腰痛の症状が回復したとしたら、内臓の機能が低下が自然に是正されたのでしょう。