.ぎっくり腰の施術はどんなことをしますか?

.ぎっくり腰(急性腰痛)には、筋・筋膜性腰痛と内臓が関連したものがあります。

整体院での施術というと、普通は背骨などの骨格の矯正、筋肉の調整を行うことが多いです。

具体的には

骨格の矯正

・手や指を用いて骨を押してズレを戻す方法

・くさび状のブロックという道具を用いて骨盤のズレを戻す方法(ソフトな矯正法です)

筋肉の調整

・ストレッチ

・マッサージ

などがあります。

上に挙げたような骨格の矯正、筋肉の調整は、神経に作用させる施術法です。

この神経に作用させる施術法は、筋・筋膜性腰痛には有効です。

一方、内臓が関連した腰痛の場合は、神経に作用させる施術法では改善しにくいのです。

内臓が関連する腰痛のしくみ

“気”の滞り

内臓の機能の低下

内臓に関連がある筋肉の緊張が強くなる

ぎっくり腰

上のように、内臓が関連した腰痛は、“気”という体を流れるエネルギーの滞りが大元の原因となります。

ですから、神経に作用させる骨格の矯正、筋肉の調整は、内臓が関連した腰痛には向かないのです。

※“気”は、東洋医学でよく使われる言葉です。

.何度もぎっくり腰を繰り返すのですが?

.1年間に2回とか3回とかぎっくり腰になる人がいます。

こういった場合、腰が悪いと思っている人が多いようです。

でも、腰が悪いからぎっくり腰を繰り返すわけではありません。

腰の部分にはほとんど原因はなく、腰以外の他の部分に原因があります。

何度もぎっくり腰を繰り返す原因としては、腸や膀胱などの内蔵機能の低下が考えられます。

そして、内蔵機能が低下するのは、過去の怪我(骨折、脱臼、捻挫など)の影響もあります。

その他、精神的ストレスもあるでしょう。

ともかく、ぎっくり腰を繰り返すのは、内蔵機能の低下が影響していますので、“気”の調整をする必要があります。