腰椎椎間板ヘルニアは、体の歪みからくるという説があります。

ですから、歪みを調整していけば、椎間板ヘルニアの改善していくというわけです。

ヘルニアは体の歪みからきているわけではありません

腰痛、足の痛み、しびれなどの症状がある時は、確かに体が大きく歪んでいます。

体が大きく歪んでいるため、痛みから逃れる姿勢(逃避性の姿勢)だという人もいます。

整体師、カイロプラクターなどの施術者は、体を調整して体の歪みが変化するためなのかどうかは知りませんが、様々な症状が体の歪みからきていると考える傾向があります。

でも、体の歪みは結果であって、症状の原因ではありません。

ヘルニアの施術

ところで体の歪みは、筋肉の作用によるものですが、筋肉は内臓の影響を受けて過緊張して痛み、しびれなどの症状が出ます。

ですから、筋肉を調整したり、背骨を調整しても椎間板ヘルニアの症状が改善しにくいのです。

筋肉を調整したり、背骨を調整した場合、神経に作用させています。

神経に作用させますから、筋肉の緊張は緩和します。

しかし、施術効果の持続性がありません。

持続性がありませんので、なかなか症状が改善しづらいのです。

では、どうすればいいのでしょうか?

ヘルニアを改善するには神経ではなく、東洋医学で言われる経絡(気)に作用させる必要があります。

経絡(気)に作用させると、施術効果の持続性が高いため、ヘルニアの改善も早くなります。