坐骨神経痛の男性

腰痛は、体の歪み、骨盤の歪み、姿勢などが関係していると言われています。

しかし、体の歪み、骨盤の歪み、姿勢などは関係ありません。

外傷を除いてほとんどの腰痛は、内臓関連によるものです。

しかも、すべての内臓が関係しています。

一般的には、腎臓(泌尿器系)、胃腸(消化器系)、生殖器系などが腰痛に関係しているとされています。

しかし、私はすべての内臓が関係していると考えています。

ただし、腎臓(泌尿器系)、胃腸(消化器系)、生殖器系などは直接的には関係していますが、呼吸器系、心臓などの臓器は直接的ではなく間接的に関係があります。

直接的と間接的関係の違い

直接的関係

直接的な関係は、例えば腎臓なら腎臓から、直接腰の筋肉が影響を受けて腰痛が出ています。

そして、腎臓に関係するポイントを調整すると、腰痛も変わります。

間接的な関係

間接的な関係は、呼吸器などの内臓器からは影響を受けてはいませんが、内臓器に関連するポイントを調整すると、腰痛に変化が出ます。

ですから、慢性的に腰に痛みが出ているからと言って体の歪み、骨盤の歪みを調整しても、一時的に症状が楽になるだけで、改善はしません。

慢性的な腰の痛みは、内臓に関係した部分を調整する必要があります。