1日中パソコンに向かって仕事をしている人が少なくありません。

その作業のせいで肩こりが起きると言ってる人が多いですね。

確かに長時間作業をしていると、手や指などの筋肉が疲労します。

でも、手にある筋肉が疲労したからといって、肩こりが起きるとは限りません。

というのは、手の筋肉と肩にある筋肉は直接関連がないからです。

一般的には、手の筋肉が疲労すると、肩の筋肉が影響を受けてコリが出るとされています。

しかし、そのようなことはありません。

手の筋肉の影響によるものではなく、内臓が関係しています。

内臓の機能が低下し、肩の部分にある筋肉が影響を受け、その結果肩こりの症状が出ています。

そして、内臓の機能の低下は、“気”の滞りが関連しています。

“気”は、体を流れるエネルギーのことです。

ですから、パソコン作業を長時間するから肩こりが出るわけではないのです。

このような考え方は、古くからあるもので東洋医学の考え方です。

東洋医学では

“気”の滞り → 内臓の機能低下 → 筋肉が影響を受ける → 症状

といった考え方をします。

ですから、“気”の滞りを整える調整をしていけば、症状が改善されていきます。

当整体院では、この考え方を利用して施術しています。

肩こりの関連情報
肩こりでお悩みの方へ