ストレッチは、筋肉を伸ばす操作をするわけですが、肩がこった時は肩周りの筋肉をストレッチをし、腰が痛い時は腰周りの筋肉をストレッチするなどと、いわゆる症状別にストレッチをする人がいます。

と言うよりか、ほとんどのストレッチが症状別のストレッチかもしれません。ストレッチは人気があります。ストレッチを自分でしても他の人にしてもらっても気持ちがいいというのがその人気の理由でしょうか。

症状別のストレッチは効果が長続きしない

症状に合わせてストレッチをしてみても、体の状態にもよりますが、症状が慢性化している場合は、一時的に症状が軽くなることがあるだけで、問題が解決するわけではありません。

これは、ストレッチの技術が上手い下手とかの問題ではありません。症状別にストレッチをするという発想自体が間違いなのです。

なんでもかんでも症状のある部分の筋肉を伸ばせばいいわけではありません。もし症状のある部分に炎症がある場合は、症状を悪化させることになります。

確かに症状に合わせて筋肉を伸ばしたほうが、その場は症状の変化が早いですからストレッチの効果を実感しやすいです。でも、その効果は長続きしにくいのです。

と言うのは、症状のある部分には症状の原因がないからです。ただし、症状の原因のある部分にしっかりとストレッチをする場合は別です。その場合は、ストレッチを続けていけば慢性の症状もだんだん症状が減っていきます。