「便秘ストレッチ」で検索すると、慢性の便秘もストレッチで解消などと書かれているサイトが多いですね。ほとんどのサイトで同じようなことが書かれていますので、ほんとかな、などと思ってしまいます。

もしそれが本当だとしたら、特別にストレッチなどしなくても、普段から普通に体を動かしてさえいれば、便秘が慢性化することはないように思いますが。

ストレッチには

静的ストレッチ

動的ストレッチ

と2種類あります。

普通に体を動かして仕事などをしていれば、動的ストレッチをしたのと同じ効果があります。さらに少し歩くだけでも、足全体を動かしますので、骨盤周りの筋肉にも刺激が行きますので、胃腸の働きが良くなり便秘も改善するはずです。

ストレッチでは慢性の便秘は変化しにくい

でも、現実は一生懸命ストレッチに励んでも、なかなか便秘が良くなることが少ないようです。

仮に、ストレッチで便秘が改善できるとしても、ネットで公開されている方法や書店で販売している書籍に書いてある方法では、おそらく慢性化してしまったら良くなることは難しいでしょう。

簡単に手に入る情報で改善するのは、慢性化していない極軽い症状の便秘だけで、便秘薬を飲んでもなかなかすっきりしない状態になったら、ストレッチの方法もかなり効果の出る方法でないと難しいと思います。

こちらを読んでみて下さい。ページの内容は、ストレッチの方法ではありません。体のバランスをとる方法です。でも、体のバランスをとることは、便秘を改善するには必要なことです。

仮に便秘を改善させるためにストレッチをやったとしても、体のバランスがあまり変化しないようでしたら、便秘を改善させるための方法としては、意味のないことです。

それに、ネットで公開されているようなストレッチ、体操などは、とにかく回数をやるという方法が多いです。回数を多くやったとしても、体のバランスが取れなければ、その方法はあまり意味を持ちません。

便秘が改善するためには、体のバランスが変わることが必要なのです。体のバランスが変わることによって、初めて胃腸の働きに変化を与えて、便秘の状態に変化が生まれます。