便秘をしやすい人は、食事に気をつけたり、運動を習慣付けたり、生活習慣を改善させると好転されると言われています。

便秘に効果があるとされる食べ物として

プルーン

バナナ

りんご

乳酸菌・発酵食品

オリーブオイルなどあります。

そして、運動もいろいろな体操などが考案されています。

生活習慣を変えたり、食事、運動くらいで便秘の症状は変わらない

上記したようなことを見直すと、便秘が良くなると言われて実行している人も多いでしょうが、はたして効果が出ているのでしょうか?

おそらくそんなに効果が出ているようには思えません。

便秘しやすい人とほとんど便秘をしない人がいますが、両者を比べて食事、運動、生活習慣はさほど違うとは考えられません。

では、どこか違うのでしょうか?

それは、出生の時に問題があったかどうかの違いではないかと思います。

出生の時の問題というと、難産で生まれてきたかどうかということでしょう。

難産で生まれると、どうしても体に負担がかかります。

そうすると、体にいろいろ問題が起きて、大人になってもそれが尾を引きます。

その結果いろいろ病気などが起きます。便秘もその1つです。

ただ、難産で生まれて体に問題が起きても、成長と共に体はだんだんと変化していきます。

子供の時は病気がちだったけど、大人になるにしたがってだんだん元気になっていくという人も多いです。

そうは言っても、正常出産で生まれた人よりも体に不調は起きやすいです。

その対策として、食事、運動、生活習慣などを見直しますが、上記したようなことがあれば、それほど効果があるとは思えません。