ストレッチは、硬くなった筋肉を伸ばしたり、引っ張ることによって、筋肉の緊張が緩和され、その結果血液の流れの滞りが改善されて、こり、痛みの緩和につながって、怪我の予防などに効果があるとされています。

でも、言うのは簡単ですが、上記したようなことを達成するには、かなりの知識をもってストレッチを行わないと、痛みの緩和、怪我の予防などの効果を出すことは難しいです。

単純に、深い理解もなく硬くなった筋肉をむやみに伸ばすと、首、腰の痛みがある人だと、まず症状を悪化させてしまいます。

ストレッチは”気”の流れを調整するもの

ところで、ストレッチは、ストレッチ体操という言葉があるように、体操のような感覚を持っている人が多いです。

しかし、私は、ストレッチは体の中を流れる”気(エネルギー)”の流れを調整するものだという感覚を持っています。

”気”と言うと、目に見えないですから怪しい感じがしますが、ストレッチでもマッサージでも”気”を意識してやると、結果が全然違います。

単なるストレッチ、マッサージと”気”を意識したものは見た感じは同じように映ります。

しかし、見た感じは普通に見えても、その中に効果につながるような仕掛けがちゃんとしてあると思います。

見破られないように巧妙な仕掛けを施してありますから、普通は見ても分からないだけです。

”気”というと、武術、ヨガなども本来”気”の流れを調整するものです。

でも、スポーツ化、体操化してしまい本来の目的から外れてしまっていますので、武術、ヨガなどをやっても健康にはつながりにくくなっています。

では、”気”の流れを調整すると、なぜ健康につながりやすいのでしょうか?

それは、”気”が体のすべてのものをコントロールしているからなのです。

ですから、ストレッチをやる時も”気”を意識してやると、こり、痛みの緩和、怪我の予防などにの効果が得やすくなります。