運動する時に、その前後にストレッチをやりますが、運動前のストレッチは、関節の可動域を高めたり、体を温める目的で行い、運動後のストレッチは、運動によって疲労した筋肉をケアする意味でストレッチをすることが多いようです。

そして、運動前のストレッチは動的ストレッチをし、運動後のストレッチは静的ストレッチをする人が多いです。

ストレッチは体のバランスがとれるようにやると効果が出やすい

私の場合は、それらの考え方とはちょっと違う考え方を持っています。

それは、整体的な考え方です。

整体的考えとは、体に対して何か働きかけをするのは、すべて体のバランスを取る目的でやるということです。

別に一般的に言われているストレッチをする必要はないと思います。

体のバランスを取れば、筋肉の緊張も緩和しますし、血液循環も良くなりますので、体も暖まります。

そして、運動のパフォーマンスも上がります。

運動後も運動によってたまった疲労も、体のバランスが取れるような体への働きかけをすれば、短時間に疲労が取れます。

その結果、普通のストレッチをするよりも、怪我をする確率が減少します。

この整体的な考え方で体に対する働きかけをすると、上手にやれば短時間で済みますし、効率の良い準備運動、整理体操になります。

ですから、運動する時のストレッチは、有害だと言われるようなことは減ります。

関連記事

PNFストレッチについて

ストレッチで筋肉を伸ばすだけでなく、縮める方法を使ったほうがいい場合もある

筋肉ストレッチと筋膜ストレッチ