昔から筋力をつけると体の調子が良くなり、腰痛なども改善されると考えておられる方が多いようです。

現在、スポーツ選手がパフォーマンスをアップさせるために、筋肉トレーニングをやって、筋力をつけることが常識になっています。

確かに筋力をつけると一時的には成績が上がります。

しかし、長期間にわたって筋トレをやると、故障しやすくなり安定した成績が残せなくなります。

それは、特定の筋肉を筋力アップした為に、体のバランスが悪くなり、フォームがくずれやすくなるからです。

そして、フォームのくずれを修正ために反復練習をすることが多いようです。

でも、体のバランスが悪くなって、フォームがくずれていることが原因のことが多いですから、いくら反復練習を繰り返したとしても、なかなかフォームの崩れを修正することは難しくなります。

体のバランスが悪くなっているということは、筋肉のバランスが悪くなっているわけですが、過度の筋力トレーニングをやると、筋肉に負担が大きくなり、ますます筋肉のバランスを悪くすることになります。

ところで、骨格筋は、内臓と関連があり、骨格筋のバランスが悪くなると、内臓の調子も崩します。

また、逆に内臓の調子を崩すと、筋肉のバランスが崩れます。

その結果、腰痛も悪化しやすくなります。

ですから、筋トレをするにしても、体のことを考えてやりすぎないように軽めにする程度にしておいたほうが無難です。