反り腰を改善しようとして、ウォーキングをやって腰を痛める人がいます。

では、なぜ腰を痛めてしまうのでしょうか?

それは、反り腰になる原因をしっかり理解せずに、ウォーキングをやったのが原因かと思われます。

一般にやられているウォーキングは、反り腰などの姿勢を矯正しようとして、体の一部分に無駄な力を入れてしまっています。

体の一部分に無駄な力を入れると、その部分の筋肉が緊張してしまって痛みなどの原因になり、余計姿勢のバランスがくずれ反り腰がひどくなってしまいます。

それでは、筋肉に負担をかけずに歩くにはどうしたよいのでしょうか?

それは、体のどこにも無駄な力が入っていない、自然な姿勢で歩くのが一番かと思います。

自然な姿勢で歩くと言うのは、反り腰になっていても、あえてそれを矯正しようという意識を持たずに歩くことです。

そうすれば、筋肉に適切な刺激が加わり、筋肉の緊張のバランスがとれてきて、自然に姿勢も改善していきます。